炭火マルイチで焼肉の奥深さを知って頂きたい
炭火マルイチの、厳選した鮮度抜群のホルモンは、内臓が苦手の子供たちも笑顔になる美味しさです。
火力の強い備長炭を使い、炙るだけで食べられる新鮮な選りすぐりの和牛部位がほとんどです。入荷があれば、芯芯、三筋、ザブトンなどの希少部位も楽しめます。店長のおすすめで、初めて味わう食感、焼き肉の奥深さを知ってください。
炭火マルイチのお薦めはホルモン
炭火マルイチはコク・甘み・鮮度の3拍子そろった質の高いホルモンを仕入れております。ですから、強火の炭火でバーッと焼いてすぐに上げていただければ、外はカリッと中はジューシーな食感が楽しめます。焼いた後はタレをつけずに塩のみで召し上がってみてください。内臓ごとの味の違いがよりはっきりと感じられるはずです
百獣の王・ライオンが教える内臓パワー
ライオンが獲物を襲ったときにまずかぶりつくのは内臓です。それは内臓に必要な栄養素がすべて詰まっているから。内臓は固体を正常に維持するため常にフル稼働をしている生命エネルギーの固まりと言えます。
そんな生命エネルギーの固まりを一度に味わって頂ける 「ホルモンの盛り合わせ」(ホルモン・レバー・ギアラ・シビレ・豚胸)は当店一番の人気メニューです。部位ごとに微妙に異なる食感と味わいをご堪能下さい。
その中でも豚胸は、弾むような豊かで喜ばしい食味でホルモン系では体験できない、豚胸独自の歯ごたえがあります。ほのかに香るミルク味の風味も是非ご堪能下さい
大雪山が産んだ柔らかさ
皆さんは鹿といったらどこを思い浮かべますか?やはり奈良ですか?マルイチは蝦夷の大雪山の麓で獲れた蝦夷鹿をお出ししております。大雪山という過酷な地域で生まれ育った蝦夷鹿はロースと間違う程の柔らかい食感をしています。是非塩でお召し上がり下さい。
スモークをする時、肉は香りまでも手に入れる
食べ方は焼くだけではありません。サクラとクルミのチップを網の上に置いた肉の回りに降り、上からふたをかぶせるスモークは、その芳醇な木の香りに虜になるお客さまも少なくありません。是非一度チャレンジしてみてください。
「レバーは苦手」と言うのは待って!
レバは苦手なのとおっしゃる方がよくいらっしゃいます。おそらく新鮮なレバーを召し上がった事がないのでしょう。そのとき食べたレバーは「赤色」ではありませんでしたか?マルイチのレバーは脂がのっていて、「赤」ではなく「茶色」がかった色をしています。それが新鮮な何よりの証拠です。マルイチで初めてレバーが食べれるようになった、というお客様はたくさんいらっしゃいます。
自信があるからシンプルな冷麺です。
締めの一品としては、日本そばの食感に近い素冷麺がお勧めです。鶏がらと鰹節、昆布でとったさっぱり風味の和風スープが火照った体をクールダウンさせてくれます。まず最初は具やマスタードを混ぜないで冷麺そのものをお召し上がりください。
至福の時をマルイチで
お肉以外でも石焼ビビンバやホルモン鍋(冬季限定)などもご用意しております。お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。ご予約はご予約ページでお願いします。